【第3日目】

本日のコラム

さて、今日のコラムは、会話上達のサイクル、についてです。

学習期間中は、以下の4つのサイクルを心がけてみてください。

 ↓ 新しい素材を学ぶ
 ↓ 間違いを恐れずに練習する
 ↓ わからないことがあれば質問する
 ↓ 学んだことをまとめて、自分や友達に説明する。

習慣の力、質問の力、人に教える、復習する、などの手法を利用するのが、早く身に着けるコツです。

また、会話上達の秘訣は、ずばり、「質問する」、です。

内容がわからないだけでなく、英語が聞き取れなかった時にも、「質問する」が使えます。

英語やその他の言語を学ぶ最も効果的な方法の一つは、もちろん、ネイティブスピーカーと一緒に練習することです。
 
でも、まだ英語が話せないのに、どうやって英語で話せばいいの?
 
一つの鍵は、あなたが理解していないことについて相手に質問することです。
 
使用できる一般的な質問とフレーズは次のとおりです。
 
■ Could you explain that word …?
  その単語…を説明してくれますか?
 
■ What do you mean by …?  
  ・・・はどういう意味ですか?

■ Hold on. Could you speak more slowly?
 ちょっと待ってください。もう少しゆっくり話してください。
 
■   I’m sorry. I couldn’t catch what you said.
  ごめんなさい。わかりませんでした。
 
多分、もう一度ゆっくり話してくれるか、別の表現でより分かりやすく説明してくれるでしょう。

その時がチャンス、会話の相手が英会話の先生になってくれています。

また、人は基本的に自分の話を聞いてくれる人に好意を持つものですので、質問されることは嬉しいものです。
少しでもわかったら、ウンウンとうなずいてください。

少しでも会話を長くすることで、英会話に触れる時間が増え、相手との関係もよくなると思います。

どんどん質問していきましょう。

本日は、これだけです。

 
 
では、本日の英会話学習内容、「ネイティブのあいさつフレーズ」を知っておきましょう。
 

 

ネイティブのあいさつのフレーズ

Native greeting phrase

目次

あいさつのフレーズ

親しい人でも、初対面の人でも、「あいさつ」は会話の基本です。「あいさつ」とは言っても、さまざまな言い回しがありますので、 自分の気に入ったものをひたすら口になじむまで練習しましょう。

あいさつ

l  こんにちは、やあ、どうもetc…  
Hello, Hi, Hey

l  調子はどう?元気?ご機嫌いかが? 
How are you? / How’re you doing?

l  調子はどう? 
How’s it going?

l  最近どう?何かあった? 
What’s happening?

l  調子はどうよ? 
What’s up?
 
とてもカジュアル。親しい人だけに使いましょう。

l  はじめまして。 
Nice to see you.

l  どうしてた?いかがお過ごしでしたか? 
How have you been?

l  久しぶりだね 
Long time no see!

あいさつに対しての返事

あいさつされたら、相手に聞き返すのを忘れずに。聞かれっぱなしだと相手は「?」となってしまいます。ご覧のように色々な 言い方がありますので、お好みのものを組み合わせて使ってください。

l  元気(いい調子)だよ、あなたはどう? 
I’m good (thanks), how’re you?

l  まあ、元気(いいよ)、あなたは? 
I’m pretty good, and you?

 
pretty good good fineよりもネイティブに一番使われていると思います。

l  いいよ、あなたは? 
Good, yourself?

l  とてもいいですよ、あなたは? 
Very well thanks, and you?

l  とってもいいよ、あなたはどう? 
Can’t complain. How about you?

l  元気です、あなたは? 
I’m fine, thank you, and you?

l  悪くないよ、あなたは? 
Not bad, how are you?

l  まあいいよ。あなたは? 
I’m all right / okay, and you?

 

これらのあいさつは家の中にいても外にいても、誰かと会って会話を始めるときには必ず使います。あいさつは会話の入り口でとても重要です。

ポイントは、「考えずに言うこと!」自然にすぐ言えるために、しっかり練習しておきましょう。

会話例

CASE 01

A.    Hi, how are you doing? 
(こんにちは、元気?)

B.    I’m pretty good, and you? 
(まあまあだね、あなたは?)

A.    Good. (元気。)

CASE 02

A.    Hello, how’re you today? 
(やあ、調子はどう?)

B.    I’m all right, how about you?  
(まあいいよ、あなたは?)

A.    Not bad. (悪くないよ)

CASE 03

A.    Hey, what’s up! 
(やあ、今日の調子はどう?)

B.    What’s up! (やあ!)

※ what’s upにはwhat’s up, もしくはNot muchで答えます。 これといって理由は特にありませんが、ネイティブは決まり文句のように 使いますので、ぜひ覚えてくださいね。

別れ際のあいさつ・相手にかける言葉など

次は、別れ際に使うフレーズをご紹介します。たいてい「じゃあね!」といったニュアンスになりますが、それプラス相手にかける言葉を覚えると会話力がアップしますよ。

l  さようなら。 
Bye.

l  またね。 
See you. / See ya.

l  またあとでね。 
Catch you later.

l  またあとでね。 
See you later / See you soon.

l  またあとで(またその時に)。 
See you then.

l  会えてよかった。 
Nice meeting you.

l  気をつけてね。 Take care.

l  楽しんで。 Have fun.

l  良い一日を。 
Have a nice day. / Have a good day.

l  メールしてね。 Text me.

l  連絡してね。 Keep in touch.

l  じゃ、行くわ。 I’m off.

l  行かなきゃ 
I gotta (got to) go 
発音は アイガラゴー

l  電話してね Call me.

l  頑張ってね(幸運を!) Good luck. 

l  ~によろしく Say hello to

はっきり次に会う日時が決まっていない場合は、大抵see you / see ya で済ませる場合が多いです。別れた後、相手に予定などがあるのを知っている場合は“Have fun!”etc…を状況に合わせて言ってください。

会話例

CASE 01

A.    Oops, I gotta go now. 
(おっと、行かなきゃ。)

B.    Okay, see ya 
(了解、またね。)

A.    See ya. (じゃあね。)

CASE 02

A.    Okay, I’m off. 
(じゃ、行くね)

B.    Say hello to Jack, okay? 
(ジャックによろしくね。)

A.    I will. Bye. (了解。じゃあね。)

CASE 03

A.    See you then. (じゃ、あとでね。)

B.    All right, bye. (了解、じゃあね。)

A.    Bye. (じゃあね。)

 

CASE 04

A.    Do you have everything? 
(忘れ物ない?)

B.    Yep. (うん。)

A.    Have a nice day! 
(良い一日を!)

B.    Thanks, you too. 
(ありがとう、あなたもね。)

 

あいさつは会話の入り口です。 とても重要ですし簡単なフレーズだけで済んでしまうので必ず覚えましょう。

頭の中でいちいち日本語に翻訳してからなおさず、すぐに答えられるようになるとベストです。