【第17日目】​

本日のコラム

さて、今日のコラムは、「大切なことを最初に言うのが英語」、です。

聞いたことがあるのでは、と思います。

逆に、日本語は、大切なことを最後に言います。

たとえば、英語の文の形で、日本語と大きく違うところといえば、動詞の位置です。

英語:
I(主語)+ like(動詞)+ a banana.

日本語:
省略(私は・主語) + バナナが + 好きです(動詞)。

となります。

基本的に、英語では、まずほぼ必ず「誰が・何が」があって、次に『~する』という動詞が来ます。

一方で、日本語は、主語を省略して、次に「何を」などの言葉が入って、最後に「~する。」「~です。」という語順。

日本語は、最後の最後でようやく、動詞が出てきて、文が完成します。

それに対して英語は、動詞が主語の次にすぐ出てきて、文の中の「重要なこと」が早い段階で明らかになります。

英語ではまず、最も言いたいことをハッキリさせることが重要です。

この感覚の違いは、物の表現や見方についても、影響を与えていると思います。

否定分にすると、もっとわかりやすいです。

英語:
I(主語)+don’t like(動詞)+ a banana.

日本語:
省略(私は・主語) + バナナが + 好きではありません(動詞)。

特に no というネガティブな結論の場合、日本語ではそれをはっきりと言葉にしないように、気を使います。

しかし、英語の構造ではそれは不可能で、文のはじめにnoを表現してしまいます。

相手に手がかりを与えて遠まわしに伝えることが配慮、という日本人の感覚は、英語圏では通用しないという事を、まずは理解しておくとスムーズです。


ここで問題です。

「もし宝くじが当たったら、何をしたいですか?」
と英語で言うとしたら次のABどちらでしょう?

A: What would you do if you won a lottery?
B: If you won a lottery, what would you do?

えっ、どちらでも同じではないんですか?と思いましたか?

結論を先に述べる感覚がある英語の会話では、
Aが正解です。

日本人の場合、むしろBで言う人が多いのではないでしょうか?

Bの場合はどのような意味になるかというと?
「あなたが宝くじに当たったらすごくいいよね。」と
言うような意味になってしまいます。

この違い、分かるでしょうか?

我々日本人が英語ネイティブと会話するときは、
「結論を先に述べる」、が感覚的に身に着くまで、
あえて意識して話す方が良さそうです。

では、本日の学習内容、ネイティブの表現の「お礼のフレーズ相手をほめるフレーズ」を見ていきましょう。

お礼のフレーズ・相手をほめるフレーズ

Native phrase to praise the other person

目次

お礼のフレーズ相手をほめるフレーズ

家族や友人など親しい人に、親切にしてもらったり、お世話になったりして、感謝の気持ちを伝えたいときに使うフレーズです。

親しい人へのお礼

l  ありがとう! Thanks!

l  本当に助かったよ、ありがとう! 
You saved my life, thanks a lot!

l  君のおかげで、仕事が無事に済んだよ、ありがとう! 
I owe you one, thanks!

l  君にはとっても感謝してるよ! 
Thanks a lot.

l  プレゼントありがとう。とっても嬉しいよ! 
Thanks for the gift. I’m so happy.

l  今日はとても楽しかったよ、ありがと! 
I had so much fun today, Thanks!

l  あなたと友だちになれてよかったよ、これからもよろしくね! 
It’s been so nice being friends with you, thanks! Let’s keep in touch.

l  本当に助かりました。 
You’ve been very helpful.

上のお礼に対する返答

挨拶をされたら、相手に聞き返すことを忘れないでください。いろいろな言い方があるので、自分の好きなものを組み合わせて使ってください。

自分がお礼を言われた場合は、これらのフレーズを使って返答をします。

l  こちらこそ、ありがとう! 
Thank YOU, too.
 
youを強調して言うようにしてください。

l  困ったときはお互い様! 
I just did what I could, nothing more.

l  いえいえ! No problem. 

l  どういたしまして。 
You’re welcome.

l  喜んでもらえてなによりだよ! 
I’m glad to hear that.

l  僕も楽しかったよ!ありがとう、また会おうね。 
Me too, see ya!

l  私も君と一緒で楽しかったよ! 
I had such a good time with you.

l  頑張ったんだからもっと褒めてよ! なーんてね。
Praise me more! …just kidding.

丁寧な言い方

丁寧なお礼です。目上の人や、あまり親しくない人の場合はこちらを使いましょう。

l  どうもありがとうございました。 
Thank you very much.

l  大変お世話になりました。ありがとうございます。
I appreciate all you’ve done for me.

l  ようこそいらっしゃいました。 
Thank you for coming.

丁寧なお礼に対する返答

l  どういたしまして。 
You’re very welcome.

l  いえいえ、こちらこそ、お世話になりました。 
That’s what I have to say. Thank you.

l  お招きありがとうございます。 
Thank you for inviting me.

相手をほめる(容姿)

相手の見た目をほめるフレーズです。会話のきっかけにもなりますので、ぜひ覚えて下さい。

l  その髪型、とっても似合ってるよ! 
I like your hairstyle. It looks good on you!

l  その洋服素敵だね! 
Your outfit looks really good on you.

l  きみは本当に美人だな。 
You are so beautiful.

l  あなたってなんてイケメンなの! 
What a hot guy you are!

l  彼、背が高いし、スタイル抜群だね! 
He is tall and looks great!

l  ジョニーデップみたいでカッコイイね! 
He looks great, like Johnny Depp!

l  娘さん、お母さんそっくりで本当に美人ですね! 
Your daughter is very beautiful. She really looks like her mom!

l  その時計すごいね!高かったでしょ? 
Wow, you have a gorgeous watch, must be expensive, huh?

 

相手をほめる(中身)

今度は、相手の中身をほめるフレーズです。

君は本当に優しいね。 
You’re very kind.

あなたって、本当に仕事が出来て尊敬しちゃうわ。 
You’re amazing at work. I admire you!

やったね、君ってすごいよ! 
Good job! I’m proud of you!

本当君ってピアノがうまいね!プロ並みだよ!
You’re a great pianist, like a professional!

君ってパソコンに詳しいんだね。 
You know quite a lot about pcs.

いつもテストで一番なんて、君はすごいなぁ。 
How amazing you are to be number one in exams all the time.

優しいし、お金持ちだし、彼ってサイコー! 
He’s kind and rich as well, what a perfect guy!

君にはいつも脱帽するよ。 
I take my hat off to you.