【第22日目】​

本日のコラム

今日は、「効率良く記憶できるおすすめの暗記方法」についてお伝えします。

記憶というと、以前、ドイツの心理学者、エビングハウスの忘却曲線を紹介しました。
反復復習することで、脳に定着し、忘れなくるという事実です。

今回はもう少しテクニック的なお話で、具体的な7つの暗記法をご紹介します。

1. 書いて覚える
「書く」行為そのものが多くの神経を刺激するため、記憶が定着しやすくなります。

2. 音読して覚える
声に出すという動作が脳を刺激して、記憶が定着しやすくなります。

3. 人に伝えることで覚える
覚えた内容を曖昧だと説明できませんし、相手に伝わるように整理して話さなくてはならないので、反復して記憶することにつながります。

4. 関連したものをまとめて覚える
英単語などの暗記は、ただ綴りを覚えるだけの単純暗記よりも、類義語や対義語、語源が同じものなど、関連している単語もセットにして覚えるのが効率的です。

5. 暗記ペン&チェックシートを利用する
赤いシートをかぶせて隠すことができる「暗記ペン&チェックシート」を試してみましょう。

6. 身体を動かしながら覚える
座ったままの姿勢よりも、身体を動かしながら音読する方が、暗記の効率が上がります。

7. 絵や動画などを利用して覚える
写真やイラスト、動画を活用して視覚的に覚える工夫をしましょう。

試してみて、自分に合った方法をみつけてみましょう。

では、本日の学習内容、「「予定」「時間」に関するフレーズ」を見ていきましょう。

「予定」「時間」に関するフレーズ

Phrases about "plan" and "time"

目次

「予定」に関するフレーズ

誰かを誘って、予定を立てたい時に使えるフレーズです。

予定をたてる

l  土曜日なにしてる? What are you doing on Saturday?

l  土曜日に何か予定ある? Do you have any plans for Saturday?

l  この週末は暇? Are you free this weekend?

l  今日の午後はなにか予定ある? Are you doing anything this afternoon?

l  今日は忙しい? Are you busy today?

l  いつだったら都合がいい? When is it convenient for you?

l  いつにするか決めて。 You decide when.

l  何時だったら来られる? When can you come over?

l  夏休みはいつから? When does the summer break start?

l  お茶でも一緒にどうですか? Do you want to have some coffee with me?

l  一緒にでかけませんか? Do you want to go out with me?

l  一緒に夕飯をいかが? How about having dinner with me?

l  野球を一緒に観に行かない? Why don’t we go watch a baseball game?

l  ハイキングはどう? How about hiking?

l  予定を立てようよ。 Let’s make a plan.

予定をたてることに関しての返事例

誰かに誘われたときに使えるフレーズです。

すみません、予定が入っているんです。 Sorry, I’m tied up.

ごめんなさい、忙しいんです。 I’m sorry but I have other plans.

忙しいんだ。 I’m busy.

いつでもいいよ。 Whenever.

一日中ひまだよ。 I’m free all day.

あなたに合わせるよ。 Whenever you are free.

どの日でもいいよ。 Any day is okay.

何曜日でもいいよ。 Any day of the week is fine.

10日はどう? How about the 10th?

金曜日の3時以降ならいいよ。 Friday after 3 p.m. sounds good.

その日はダメなんだ。 That’s a bad day for me.

その日ならいいよ。 That day is fine.

ぜひとも。 I’d love to.

誘ってくれてありがとう。 Thanks for asking me out.

会話例

CASE 01

A.   What are you doing on Saturday? (土曜日、なにしてる?)

B.   I’m free all day, why? (一日暇してるよ、なんで?)

A.         Why don’t we go watch a baseball game? (野球観に行かない?)

CASE 02

A. Are you free this weekend? (今週末暇?)

B. Sorry I’m busy, why? (ごめん、忙しいんだ、なんで?)

A. It’s okay. (別にいいのよ。)

CASE 03

A.   When can you come over? (いつ来れる?)

B.   After 3 p.m. (3時以降かな?)

A.   All right. (了解。)

誰かを誘いたい時、また、誘われたときに困りませんので、ぜひ覚えて下さい。

「時間」に関するフレーズ

時間に関して、主に独り言のようにつぶやく時に使えるフレーズです。

時間に関するフレーズ

時間ぴったり Right on time.

もうこんな時間か。 Look at the time!

1日24時間じゃ足りないよー。 24 hours in a day is not enough.

やばい、遅刻だ! Oh no, I’ll be late!

目覚ましを8時にセットしなきゃ。 I gotta set the clock for eight.
※  gotta=got to=~しなきゃ

少しの間集中して本を読もう。 I will focus on reading books for a little while.

10時間も寝ちゃった。 Gee, I slept for 10 hours!

あと五分でドラマ始まっちゃう! Wow, the show is starting in 5 minutes!

質問 会話

時間に関して、誰かとの会話の中で使えるフレーズです。

今何時? Do you have the time?

明日は7時に起こしてもらえる?Can you wake me up at 7 tomorrow morning?

明日正午に駅でね! I’ll meet you at the station at noon!

大阪行きの新幹線のチケットを取っておいたよ。 I bought a Shinkansen ticket for Osaka.

大阪に着くのは3時だから。We’ll arrive at Osaka station at 3.

遅れるなよ! Don’t be late !

ごめん、つくのが20分遅れるよ。 Sorry, I’ll be 20 minutes late.

明日は仕事のあと18時から22時までが懇親会だから、帰るのは24時すぎだね。  Tomorrow, I have to join a social gathering after work from 6 p.m. till 10 p.m., so I guess I’ll be home after midnight.

時計に関するフレーズ

時間そのものの表し方も、英語では何通りもあります。ぜひ覚えて下さいね。

1時ぴったり It’s exactly 1.

5時20分 20 past 5.

12時半 Half past 12.

あと10分で2時です。 10 to 2.

7時5分前 5 to 7.

6時45分 Quarter to 7.

会話例

CASE
01

A. Look at the time! (もうこんな時間!)
B. 24 hours in a day is not enough. (一日24時間じゃ足りないね。)
A. I think so. (私もそう思う。)

CASE 02

A.Do you have the time? (今何時ですか?)
B. Yes, it’s quarter to 10. (10時15分前です。)
A. Thank you. (ありがとうございます。)

CASE 03

A.  
Can
you wake me up at 6 tomorrow morning? (明日6時に起こしてもらえる?)
B.   Sure. (わかったよ。)
A.  Thanks. (ありがと。)

時間に関するフレーズは意外と毎日使うフレーズですので、ぜひ覚えて下さい!