【第29日目】​

本日のコラム

英会話を効率的に身につける勉強法

英会話をマスターするにあたって、英文法への苦手意識を持っている方は意外に多いと思います。

一方、英語を習得して使いこなせている方は、どうやって英会話をマスターできたのでしょうか?

文法を勉強することは重要ですが、1日に何時間も文法の勉強ばかりをする必要はありません。

英文法を一通り勉強した後は、「勉強」という意識を捨て、「実践」を通して身につけるのが良いです。

つまり、練習をすれば必ず出来るようになる、という事です。

英会話も同じで、話す練習をしなければいつまで経っても話すことはできません。

では、まだ話せないのにどうやって会話するの?という方もいると思います。

その場合は、質問するというテクニックを使って何とか会話をしましょう。

下記に、質問の例を3つ紹介します。

Could you speak a little more slowly?
もう少しゆっくり話してもらえますか?

I don’t really understand this part well.
この部分がよく理解できません。

How would you say it in another way?
別の言い方では何と言いますか?

この3つさえ話せれば、いつまでも会話を続けることが出来ます。

人間は自分の話を聞いてくれる相手に好意を持つものです。

質問された方は、何とか伝えようとしてくれますので、相手を理解できますし、あなたの英会話の上達にもなり一石二鳥です。

楽しく英語を学んでいきましょう。

では、本日の学習テーマ「 何気ない一言・スラングに関するフレーズ」をさっそく見ていきましょう。

何気ない一言・スラング

Casual words and slang used by natives

目次

何気ない一言

特に深い意味はないつぶやきや、とっさに言ってしまうフレーズです。

何気ない一言

l  おっと Oops!

l  (軽い感じで)あ、ごめん 
Oops, sorry!

l  たぶんね Maybe.

l  暇だな I’m bored.

l  やーめた Done!

l  面倒くさいな。 
I don’t want to do this. / I don’t like to do this.

l  やだなー No!

l  わ、おいしそう! 
Looks yummy!

l  痛っ! Ouch!

l  眠い I’m sleepy.

l  マジで? Really? Seriously?

l  すごいウケる! 
That’s hilarious!

l  おっす Hey.

l  まずっ Yuck!

l  臭い Stinks!

l  疲れたー I’m tired.

l  やった! Did it! / Made it!

l  びっくりした! Oh my god!

l  ウソだろー No way!

l  クッソー Shit! / Damn it!

l  誰かがくしゃみをしたら 
Bless you!

会話例

CASE 01

A. Oops, sorry! (おっと、ごめん!)

B. It’s okay. (いいよ。)

CASE 02

A.   Hey, I’m so bored. 
(ねえ、超暇なんだけど。)

B.   Me, too. Do you want to go out? 
(私も。出かける?)

A.   Yeah, let’s go. (うん、そうしよう。)

CASE 03

A.   I’m so sleepy. (超眠い。)

B.   Take a nap. (昼寝しなよ。)

A.   I will. (そうするわ。)

 

スラング

スラング

スラング

l  ふざけんなよ! Fuck!

l  クソッ・最悪 Shit!

l  ~ドル Bucks

l  ※ 1ドルの時はbuck. 

l  相棒・友達 Buddy / Dude

l  ちくしょう! 
Damnit!
 damn it の略

l  きもっ! Gross!

l  最悪だな It’s like hell.

l  最高! Kick ass.

l  くたばれ! Screw you!

l  (人前でいちゃつくこと)

l  PDA 
※Public Displays of Affection.

l  マヌケ・バカ Retard

l  変なの・奇妙だな Weird

l  トイレ(小) Number 1

l  トイレ(大) Number 2

ちょっとした早口言葉を自然に言えるようになれば、ネイティブ並みの英語力になりますよ。自然に使えるように、何度も練習してくださいね。

会話例

CASE 01

A.   Oh shit! (最悪!)

B.   What? (どしたの?)

A.   I forgot my cell phone! 
(携帯忘れた!)

CASE 02

A.   Good? (美味しい?)

B.   Yuck! (まずっ!)

A.   Oh boy. (あらら。)

CASE 03

A.   It was only 5 bucks! 
(これ、たったの5ドルだったんだ。)

B.   Are you serious? That’s fuckin’ cheap! 
(マジで?激安!)

A.   Yeah. (だね。)

 

番外編 fuckin' の使い方

こんなことを書くと「下品」と思われるかもしれませんが、Fuck という単語は英語の中でも最も意味の多い、そして多く使われる単語の一つです。ネイティブがどのような意図で使っているのかを知るためにも、覚えておく必要がありますので、下品と思わずに、お読み下さい。

 

まず、大前提として、fuckを見ず知らずの人に使うのは絶対にやめましょう。極端な話、命の保障はできません。特に日本人は下に見られているので、使うのは友達か独り言だけにしましょう。

 

それでは使い方です。

私がパブで知り合ったオーストラリア人は

You asked me where you can put fuckin’ in sentences? You can put it fuckin’ anywhere!」(fuckin’ を入れる場所はどこだって?どこでもいいんだよ!)

 

と言っていました(笑)。このように強調したい単語の前にfuckin’ を入れます。

 

たとえば、食べたラーメンがものすごくマズかった時は

These noodles are fuckin’ awful.

 

とか、「傘持ってくるの忘れた!」といいたいときは

Shit! I forgot to take my fuckin’ umbrella.」などです。

このようにどちらかというと単語を修飾するように使います。

fuckin’+名詞、fuckin’+形容詞 など

 

また、動詞を修飾したいときにはthe fuck を使います。

例:「What the fuck is that?」(なんだそれ?)

 

出かけるときにお気に入りのバックが見つからないとします。そんなときはこのように言っちゃいましょう!

例:「Where the fuck is my fuckin’ bag?」(おれのくそバックはどこにありやがる?)

 

また、気に入らないことがあったら

例:「What the fuck are you fuckin’ doing?」(てっめえ何さらしとんじゃい!(的な感じです。)

 

このように友達と話しているときに使うと結構楽しいですし、ネイティブもかなり使いますので覚えておきましょう。

また、fuck じゃちょっと重いなと思ったときにはthe hell がおすすめ。Fuck よりは自然に使えます。

例:「What the hell is that?」(なんだあれ?)

 

いかがでしたでしょうか?多くの教科書や参考書には書かれていないことですが、これらを知っておくことはとても大切です。

むしろ、ネイティブスピーカーと会話を楽しみたいのであれば必須です。ただし、理解することは大切ですが、実践では使わない方が無難です。

くれぐれも使わないでくださいね。

 

復習

【第1日目】英会話e-ラーニング30日間はじめましょう!
【第2日目】一般動詞・紛らわしい動詞の見直し
【第3日目】ネイティブのあいさつフレーズ
【第4日目】英会話学習ポッドキャストの紹介
【第5日目】疑問詞全部言えますか?
【第6日目】ネイティブが買い物で使うフレーズ
【第7日目】進行形を使いましょう!
【第8日目】代名詞と冠詞を見直します!
【第9日目】初対面の人に会ったとき使えるフレーズ
【第10日目】形容詞と副詞を使って表現しよう
【第11日目】助動詞をマスターしよう!
【第12日目】 何かを提案する時に使えるフレーズ
【第13日目】 命令文 使い方を間違えると大変!
【第14日目】質問をする時に使えるフレーズ
【第15日目】接続詞の使い方
【第16日目】前置詞の種類と使い方
【第17日目】相手をほめるネイティブフレーズ
【第18日目】比較の基本3パターンの作り方
【第19日目】 不定詞とは?
【第20日目】意見を言う時に使うフレーズ
【第22日目】「予定」「時間」に関するフレーズ
【第23日目】現在完了を使いこなす方法
【第24日目】受動態の作り方
【第25日目】関係代名詞のすべて
【第26日目】分詞の種類と使い方
【第27日目】「恋愛」に関するフレーズ
【第28日目】 間接疑問文と付加疑問文の確認
【第29日目】ネイティブの使う何気ない一言やスラング